一戸建ては購入前に口コミのチェックを!

一戸建て住宅では複数社からの相見積もりを取ろう

一戸建て住宅では複数社からの相見積もりを取ろう 一戸建て住宅を購入する時は、複数のメーカーと工務店から相見積もりをするのが賢明です。
これは建売住宅を購入するのであれ、ハウスメーカーに建築を依頼するのであれ変わりません。
メリットはまず値引きをしてもらえることです。
狙ったメーカーがあったとしても、そこだけに見積もりを依頼するのはいいやり方ではありません。
建築業者もビジネスですから、値引きをしなくても買ってもらえるのがわかっていれば値引きはしません。
複数社に相見積もりをしてもらい、それを担当者にも伝えることで値引きを誘うことが可能になります。
他には住宅に関する勉強をできることも魅力です。
複数のメーカーと見積もりレベルまで話をすることで、現在の一戸建てについて詳しくなることができます。
屋根材や壁材、窓などパーツの一つひとつが昔とは違います。
価格まで含めてしっかりと把握することで、賢い買い物ができるようになるのです。
この手間を省くと、瑕疵担保責任がとっくに切れたタイミングで後悔することになるかもしれません。

一戸建て住宅建築会社の決め手は電話応対がカギ

一戸建て住宅建築会社の決め手は電話応対がカギ 一戸建て住宅を建てる際には住みやすく快適な家である必要がありますが、その夢を実現するためには住宅建築会社が決め手となります。
では、どうやって良い建築会社かどうかを見分けることが出来るのでしょうか?いくつかのポイントがありますが、最初のポイントは「電話応対の仕方」です。
気になった会社が見つかったなら電話で質問したり、面談を決めるのですが、相手の声がテンションが低い、あるいは逆にあまりにもテンションが高すぎるなら要注意です。
また、不明瞭で、何を言っているのかよく分からない、横柄で上から目線といった応対も問題です。
いくらリーズナブルな価格で家を提供しているとしても、話し合いの時点でトラブルが生じかねません。
反対に、電話応対が爽やかで明るくで、すぐに応対してくれる、お客目線で話してくれる、といったところですと安心です。
ぜひ、一戸建て住宅を建てようと思うなら最初の第一声や対応をよく確認しておきましょう。